あゆみ

私たちのあゆみ

1979年 世田谷に「グループ生活者」結成。石けん運動を中心に活動始まる。

1983年 世田谷区議会に初めて議員を送る(田口イシ子)

1987年 世田谷区議会に2人の議員を送る(長谷川かず子・森田イツ子)

1988年 「グループ生活者」から「生活者ネットワーク」に変わる

1989年 食品安全条例の制定を求める直接請求に取り組む 都議選に挑戦するが、議席獲得に至らず

1991年 世田谷区議会に3人の議員を送る(長谷川かず子・森田イツ子・森川礼子)

1993年 「東京を変える」を掲げて東京都議会へ世田谷から議員を送る(大河原雅子)

1995年 「きっぱり生活者」を掲げて世田谷区議会に4人の議員を送る (長谷川かず子・森田イツ子・森川礼子・西崎光子)

1997年 「バリアフリーの東京をつくる」を掲げて都議選に臨むが、議席を失う

1999年 「子育て介護は社会のしごと」を掲げて都議補選、区議選を戦い、全員当選を果たす。区議2人のローテーションも成功 大河原雅子/都議、以下区議/森川礼子・西崎光子・山木きょう子・田中優子

2000年 東京都に 子どもの権利条例制定を求める請願運動に取り組む

2001年 「東京を生活のまちにする」を揚げて都議選に臨み、再選を果たす。(大河原雅子) 化学物質の子どもガイドラインができる

2003年 「地域力・市民力 安心・共生のまちをつくる」を揚げ、6人の候補者を立てて区議選に臨むが、惜しくも全員当選はならず、6議席を獲得する (西崎光子・山木きょう子・桜井純子・吉田恵子・竹村津絵) 議員年金廃止を国に要望

2005年 「働く・育てる・市民力」を掲げて都議選に臨む。都議ローテーションに挑戦するが、議席獲得に至らず

2007年 「こだわって地域」を掲げて都議補選、区議選で全員当選を果たす。(都議:西崎光子、区議:山木きょう子・桜井純子・竹村津絵・吉田恵子)

2009年 「市民が育てる東京・未来」を掲げて都議選に臨み、再選を果たす。(西崎光子)

2011年 「大事なことは市民が決める」を掲げ、区議選で全員当選を果たす。区議3人のローテーションも成功。(桜井純子・植田靖子・高岡じゅん子・てるや里美)

2012年 東日本大震災・福島第一原発事故を受けて「原発の是非を問う都民投票条例」制定のための直接請求

2013年 「放射能から子どもを守る」「議会改革」「大事なことは市民が決める」を旗印に都議選に取り組み再選を果たす。(西崎光子) 参議員選挙東京選挙区で大河原まさこさんを推薦するも議席に届かず

2015年 「ひとりにしない。子育て・介護」「支え合い、分かち合いの地域社会をつくる」をスローガンに区議会議員選挙に5人の候補者を立てるが、2議席の確保にとどまる

2016年 参議院選国比例区に挑戦する大河原まさこさんを応援

2017年 都議ローテーションに挑戦するが、議席獲得に至らず。 衆議院北関東ブロックで大河原まさこさんが議席を獲得